オール電化なら災害時に安心!!生活にかかる固定費も下げられる!!


災害時にもお風呂やキッチンが使える可能性

日常生活ではほとんど災害が起こらないのであまり意識をしないかもしれません。しかし毎年のように日本では災害が発生して一定の被害が出ています。新たな地で賃貸物件を探そうとするなら万が一災害が起きたらどうなるかも考えておくと良いでしょう。もしオール電化物件があるなら利用を検討すると良さそうです。災害が起きると電気とガス、水道などが止まる可能性がありガスや水道は復旧に時間がかかります。電気も停電になる可能性があるもののガスに比べると復旧が早いので早く使えるでしょう。一般的な物件だとお風呂やキッチンはガスがないと使えませんが、オール電化ではそれらは電気を使うので電気が復旧すればお風呂にも入れ料理も可能です。賃料が少々高くても安心のためなら利用すべきでしょう。

オール電化は固定料金を下げられる

賃貸物件を利用するときに気になるのが毎月の生活費でしょう。利用するには賃料と共益費がかかるので予算に合わせて選ぶ人も多いです。ただ生活するにはそれ以外にも固定的に発生する費用があり、賃料などと合わせて考えた方がいいかも知れません。一般的な物件では電気とガスと水道を利用しそれぞれに固定費がかかります。固定費は使っても使わなくてもかかるのでなければその分お得になります。オール電化物件は通常ガスを使う湯沸かしやキッチンなどを電気で賄う仕組みで、ガスの契約はせずに電気の契約のみで生活が可能です。ガスの利用に関する固定費をなくせるのでその分毎月の費用を下げられるかもしれません。電気料金がより安くなるコースを選べばさらに安く生活できるでしょう。

千歳の賃貸住宅の物件タイプは、アパートやマンションが殆どです。賃料は2万円台から10万円台と幅がありますが、ロフト付きの物件も比較的安価な価格で借りれます。家族向けでも、10万円未満の所が多いです。