注文住宅を建てる時は、しっかりと計画を練る!


建てる地域の気候や環境を改めてチェック!

念願のマイホームを建てる際はよく計画を練ってから、具体的な相談を行いましょう。もちろん最初から専門業者に相談にしてゼロから二人三脚でプランを練るのも決して悪い方法ではありません。ただ大まかな方向性や求める特長などが決まってから、専門業者に相談した方が労力と時間を大幅に節約出来ます。

計画を練る上で最初に意識したいのが、気候と環境の事です。同じ都道府県でも、暮らす地域が変われば気候全般が異なります。まずは注文住宅を建てる地域の一年の気候をチェックしましょう。雨が多い地域なのか、雪は積もる地域なのか、積雪があるなら毎年平均どの程度なのか、さらに台風や地震が発生しやすい土地柄なのか、そういった土地自体の情報を下調べしておきましょう。積雪が多い地域と判明すれば、寒さに強い建材を積極的に使うようにすればOKです。また地震が多い一帯だと分かれば耐震性の良い工法や新素材をふんだんに利用して注文住宅のオーダーを進めれば良いでしょう。

間取りと部屋数を最初に決めると、全体がまとめやすい

どういったデザインにするか、アイデアを形作るためには最初の取っ掛かりが大事です。その要となるのが、間取りと部屋数です。どのようなタイプの部屋を設けたいか、設備はどういった物にするか、この点を最初に考える全体がまとめやすくなります。茶室を設けるか、趣味のバンド練習が楽しめる防音室を設けるか、さらにキッチンやリビングの広さはどうするか等、家族の意見を集約していきましょう。次に部屋数ですが、基本的に老若男女問わず家族一人に対して最低一部屋は欲しいところです。プライバシーを守るため、そして家財道具が家の中で混じったり、迷子にならないためにも一人一部屋はマストとなります。

愛知の注文住宅は全国展開をする大手の他に、地元の工務店も請け負っている会社があるので、お好みのおうちを見つけることができます。