住宅ローンの審査を通りやすくするための準備をしていこう


金融サービスで実績を使っていく

住宅ローンを利用するためには、まず審査に通る必要があります。そこで、少しでも審査に通りやすくするために金融サービスを利用して実績を作っていきます。例えば、クレジットカードを利用して、毎月延滞なく使った分を返済していきましょう。借りたものを延滞なく返済してきた実績を1年以上作るだけでもこの人は、返済能力が十分あり約束を守ると金融会社から高い評価をもらう事が可能です。つまり、住宅ローンの審査でも有利に立てるという事です。しかし、いくら実績を作るからといってクレジットカードやカードローンを利用し過ぎてしまうと借金が多くなったり、多重債務者になります。これでは、いくら実績があってもマイナスになるので適度に金融サービスを利用して実績を作るようにします。

審査に有利になる保証人を選ぶ

住宅ローンを利用する時には、保証人を準備しなければいけないことが多いです。この保証人も、契約者と同じように支払い能力があるのかを審査されます。つまり、保証人の支払い能力が低いと審査のマイナス要素になる事が多いです。そこで、審査に有利になる保証人を選ぶ事が大事ですがなるべく親族の中から選びます。友達よりも親族から選ぶ方が評価が高くなります。親族の中で、収入が高く信用情報に問題がない人を選択していきましょう。ただ、親族が収入が低かったり信用情報に問題があるなど審査に通りやすい人がいない場合は、収入が安定している友達にお願いするのも1つの方法です。ただ、保証人になってくれる人は少ないので信頼関係がある友達にお願いします。

宇都宮のマンションは都心の会社に勤務している方も注目です。新幹線が通っているので、東京都内まで1時間程度で行く事が出来ます。